玉井満代 著書・出版物

英語を話せない親がグローバル社会にわが子を送り出す方法(学研教育出版)

今の子どもたちが大人になる10年後、15年後を生き抜くにはどんな力が必要か。玉井満代がグローバル子育てを伝えるコミックエッセイ。


玉井式 9歳までに国語と算数の力を同時に伸ばす本

「玉井式」の教育の最終目標は「自立」にあります。山あり谷ありの長い人生を、子どもたちが自分の力で力強く歩んでいけるようにすること。平たくいえば、「将来大人になったときに、最低限自分の分は自分でかせぎ出す力をつけておく」ということです。

この本では、「イメージング力を育みながら、国語と算数の力を同時に伸ばす方法」を具体的に紹介しています。ご家庭ですぐに実践していただけるものばかりなので、きっと子育て中の皆さまのお役に立てると自負しています。
お忙しい保護者の皆さまにも、できるだけ楽しく読んでいただけるように工夫いたしましたので、あまり難しく考えずに読んでくださると光栄です。


キャドック王国とリンボのオオカミ

「キャドック王国とリンボのオオカミ」は「玉井式国語的算数テキスト シリーズ」の問題に出てくるお話の元と
なっている作品。合わせて読むことでそれぞれの本の内容がもっとわかりやすくなります!!


玉井式国語的算数テキスト

ここが画期的!

物語を読みすすめながら、算数の文章題を解くことによって、情景を思い浮かべつつ、問題を解く習慣を養います。

このようなお子さまに最適
  • 文章題を読みまちがえてしまう。
  • たずねられ方を変えられると、公式が使えない。
  • すぐに答えの出る計算問題ばかり練習してしまう。
ここが革新的!

ほぼすべての問題についている、詳しい解説には、問題の解き方だけでなく、
お子さまができなかった時の教え方や復習の仕方をのせているので、
保護者さまも安心して指導することが可能です。

このような保護者さまに最適
  • 子どもが問題を解けないと、ついしかってしまう。
  • 子どもが問題をまちがえた時、どのように教えたらよいのかわからない。

玉井式 ジュニアこくごてきさんすうテキスト

文章題が好きになる!!国語力重視の進学塾が開発した入学準備用テキスト
玉井式ジュニアこくごてきさんすうテキスト_表紙

 jr_inner

(1) あえて単元別にしていません

テキスト全体がひとつの物語になっていますので、楽しくおはなしを読みすすめながら問題を解かせて下さい。
その際、できない問題や、知識として知らない単元(たとえば時計のよみ方など)がでてきた場合、
blue_arrowのページへすすめば、テーマ別の練習ができるように工夫されています。

(2) たし算・ひき算などと表記していません

文章題がなに算であるかは、自分の力で考えさせたいものです。
問題を解くためにおはなしのどの部分が必要なのかを読みとらせることも、大変重要な課題です。
お子さまが、すぐにわからなくても、(保護者の方が)あせらず、じっくり何度も読ませるようにして下さい。

(3) 保護者さまからお子さまへ的確なフォローができるように進学塾のカリスマ講師がアドバイス

「こくごてきさんすう」の解答、解説は解き方のみならず、まちがえたときのお子さまへの声のかけ方や、
上手に正解へと導く「伝え方」などを細かくアドバイスしています。
アドバイスしているのは、中学受験や大学受験を手がける進学塾のカリスマ講師。
実際に教えてきたからこそできる実践的なアドバイスが盛りだくさんの内容です。

玉井式 国語的算数テキスト 1年生~3年生

つい計算の反射的訓練ばかりを繰り返してしまいがちな低学年の間に、ぜひ通っておいてほしい1冊
玉井式国語的算数テキスト1年生_表紙

 1st_inner

(1) ものがたりからよみとる

単純な問題に思えますが、しっかりと文章を読んでおかないと、記憶にも残っていないことが。
ぬけることなく、きちんと文章を読みすすめる力を養います。

(2) ものがたりからかんがえる

自分の日常をふり返り、現実とのイメージギャップをおこさないように訓練していきます。
たとえば、算数の文章題の解答に、計算ミスなどから小学校5年生の子どもの身長が16.5mなどとこたえを
書いてしまう子どもが大勢います。
このテキストでは要所要所に身の回りと数字とのイメージの合致を行えるような質問を設けています。

(3) ものがたりからよみとる、そして、かんがえる

単に文の中の数字を追うだけでは解けない設問がほとんどです。
場合によっては、本文を何度も読み返すことにもなるでしょうが、イメージをふくらませながらじっくり考えることを
くり返すことが難関な文章題も得意になるヒケツです。