ICT教材企画開発・販売

玉井式国語的算数教室

~国語力を伸ばしながら算数を学ぶ~

小学3年生までには、先生が話す言葉を中心に授業が進められますが、小学4年生頃からは文字や文章からイメージを描いたり、ものごとを理解することが求められていきます。しかし、文章から具体的な状況やものをイメージしていくことは難しく、子どもたちは「本は読めるが、内容が分からない」・「算数の文章問題ができない」といった壁にぶつかります。この壁を無理なく乗り越えるためには、文字を読んで状況を「イメージする力」を養う必要があります。

そこで、「イメージする力」を育み、「読解力」「算数力」を高める「玉井式国語的算数教室」が誕生しました。

玉井式は、具体物を通してものごとを理解する低学年の子どもの特性を踏まえ、アニメの物語に算数の課題場面を設けて、解決方法を考えさせる、画期的な学習システムです。「【映像】を見て解く」⇒「【文章】を読んで解く」という段階を無理なく積み重ねていく教材、教材クリエイターの玉井満代が開発した、低学年用英才教育です。